体験! 発見! 松島湾

松島湾を学ぶ

松島湾の地理

松島湾の地形の成り立ち

宮城県教育庁文化財課保存活用班 齋藤 和機(さいとう・かずき)さん

自然がつくった奇跡の地形

松島湾には大小230余り※の島があり、湾の周りは100メートル程の高さの山で囲まれています。山に囲まれた海に、たくさんの島が浮かぶ美しい風景が、訪れた人々に感動を与えています。

松島湾の島は、火山灰が固まった凝灰岩と、海底の砂がたまってできたシルト岩・砂岩でできています。これらの岩は、地球の誕生から現在までを示す地質時代の、新第三紀という今から約2300万年前から約260万年前につくられた地層にふくまれるもので、とてもやわらかく削られやすい特徴があります。

今、みられる島のかたちは、海水面の変化によるものです。今から1万9000年前は、地質時代における第四紀の最後の氷期とよばれ、地球がとても寒かった時代でした。その頃の海水面は、現在より100メートルほど下にあり、松島湾は今より陸地が多かったとされます。しかし、その後の地球温暖化で陸上の氷が溶けて海水面が上がり、約6000年前には現在とほぼ同じ高さになりました。海水面が上がったことで、陸地だったところに海が広がり、230余りの島が誕生しました。

また、凝灰岩やシルト岩・砂岩の島は、海水によって少しずつ削られていきます。削られたところは海食崖(かいしょくがい)という、えぐられたような地形となり、松島湾ではほとんどの島でみられます。

松島湾では、標高10メートル以下の島が全体の75パーセントを占めています。もし、温暖化で海水面がもう少し上がっていたら、多くの島は沈んでいたことでしょう。そして、湾内へ流れる大きな川は高城(たかぎ)川だけです。川から海に流れる土砂が少ないことも、逆に海が埋まることが避けられた要因となっています。今みることができる美しい風景は、自然の奇跡的なバランスの上に成り立っています。
※島の数については、宮城県1981「県立自然公園松島学術調査報告書」及び宮城県教育委員会2010「特別名勝松島保存管理計画」に基づく。

松島を象徴するマツ林

松島の風景で忘れてはいけないものとして、マツ林があります。マツ林は、海と空の青さ、海食崖の白さの中にある緑色のアクセントとして、大事な役割を果たしています。

マツは常緑針葉樹で、潮風や波浪に耐えるだけでなく、土が薄くて乾燥した、栄養の少ない場所を好みます。松島湾のマツにはアカマツとクロマツの2種類があり、アカマツは島や沿岸で自然に育っていますが、クロマツは自然に育ったものがあるほか、浜辺の防災林として地域の人々によって植えられてきました。

クロマツの防災林は、浜辺の砂が集落や畑に飛ぶことを抑える目的で植えられたもので、今では松島の美しい風景に欠かせないものとなっています。クロマツの植林は江戸時代頃には始まっていたと考えられ、それぞれの地域で大切に守られました。防災だけでなく、家庭の燃料として落葉が使われるなど、貴重な資源となっていたことが伝わっています。地域の人々が落葉を拾うと、土地では栄養の少ない状態が維持されるため、マツ林にも良い環境でした。東日本大震災の津波によって多くのクロマツ防災林が流されてしまいましたが、防災林としてまた新たに植えられています。松島の美しい風景は、自然の奇跡的なバランスだけでなく、そこに住む人々の生活によってもつくられてきたことが分かります。

ポイント
松島湾の美しい景観は、自然の営みと人の手によって成り立っています。『自然を守る』活動には、どのようなものがあるか、身近な活動を調べてみましょう。
松島湾に生えているアカマツとクロマツには、どのような違いがあるでしょうか? 見分け方を調べてみましょう。
宮城県教育庁
文化財課保存活用班
齋藤 和機さん
メッセージ
松島湾の美しい風景は、文化財として大切に守られています。私たち文化財課では、松島の風景を「地域のたから」として未来へ残す仕事を行っています。
ページTOPへ
戻る